MENU

【BF1】ドッグファイト専用機の使い方のコツ・テクニック

装備


連装重機関銃 連射力に優れた機関銃。威力は低いものの比較的当てやすいです。
緊急修理 耐久値を30ほど即時回復させる装備。多少の無茶が可能です。


役割


ドッグファイト専用機の役割は、敵航空機(戦闘機・攻撃機・爆撃機)の壊滅です。


制空権を獲得し味方の航空機が対地攻撃しやすい環境を作り出し、間接的に歩兵部隊を支援します。


武装が対地向きではないので制空権を獲得したあとは、地上の敵のスポットに専念するといいでしょう。もちろんリスポーンする敵航空機を倒すのも忘れずに。


性能評価


ドッグファイトに特化しているため、空戦能力は全航空機の中でも1、2を争うほど高いです。(戦闘機なので空戦能力が高いのは当たり前ですが。)


緊急修理を装備しているので、瞬間的にHPを30%ほど回復させることができます。
つまり他の戦闘機より耐久値が1.3倍ほど高いわけなので、多少の無茶が効く初心者向けの戦闘機です。


最初はドッグファイト専用機を使って戦闘機のイロハを学んでいくといいでしょう。


とはいえ、別のページでも書きましたがドッグファイト専用機は「決定打に欠けている」ので、敵が強いとややジリ貧になってしまいますね。


というのも、やはり武器が機銃1つだけいうのは、いささか不便です。


攻撃機ぐらいならば機銃だけでも問題なく倒せますが、爆撃機が相手となるとそこそこテクニックが必要になってきます。

また、連装重機関銃は爆発ダメージがないので、対地攻撃にも向いていません。


最初はお世話になるけど、次第に使わなくなる戦闘機かな?と管理人的には思います。


いえ、もちろん使いこなせればかなり強いですけども!


戦い方のテクニック・コツ


さて、ここではドッグファイト専用機を使った際の「戦い方のテクニック・コツ」について紹介していきます。


是非ともドッグファイト専用機を使うときの参考にしてくださいね!



※戦い方のテクニック・コツに関しては管理人独自のものです。あくまで参考程度にしていただけると幸いです。


戦闘機が相手の場合のテクニック・コツ


相手が戦闘機の場合、ガチンコドッグファイトの始まります。


お互い機動力はほぼ同じなので、どちらかが墜落するまで戦いは続くでしょう。



装備により武器は違いますが、性能は大体同じです。

ドッグファイト専用機以外が相手の場合は、緊急修理のアドバンテージを活かし果敢に攻めましょう。

耐久値では緊急修理持ちのこちらが有利です。



しかし相手もドッグファイト専用機の場合は、単純な技術比べになります。どちらも緊急修理を持っているので、戦いが泥沼化しやすいです。

(戦闘が30秒続けば、どちらも緊急修理のリロードが終わるので。)



管理人の場合、ドッグファイト専用機と遭遇したらまず最初に片翼を攻撃して機動力を奪います。


相手は緊急修理を使って即座に復活してくるでしょうが、この時点で緊急修理を温存しているこちらが有利になります。

あとは緊急修理のリロードが終わる30秒以内に致命傷を負わせることができれば勝ちですね。


攻撃機が相手の場合のテクニック・コツ


相手が攻撃機の場合、旋回戦闘で負けることはまずありません。


攻撃機との機動力は雲泥の差ですからね。まず勝つでしょう。


しかし注意しなければいけないのが、後部機銃の存在。


これは結構ダメージ量が大きく、上手く避けないと撃ち負けることもあるでしょう。


相手が後部機銃を使っている場合、まずは翼を破壊するのがおすすめです。



翼緊急修理持ちの対戦車攻撃機を使っている人は少ないので、大抵の攻撃機は翼を破壊すればその機動力を失います。


翼が破壊されると動きが不安定になるので、後部機銃の人も狙いを定めるのが上手く行きません。翼破壊後は距離をとって遠距離から機銃で攻撃しましょう。


爆撃機が相手の場合のテクニック・コツ


ドッグファイト専用機の天敵、爆撃機。


機銃しかないドッグファイト専用機では爆撃機の装甲を撃ち抜くことができず、後部機銃の餌食になる恐れがあります。

しかしドッグファイト専用機の機動力としぶとさを活かせば問題なく撃墜可能です。



「後部機銃のパイロットのみを狙い撃てば勝てる」という教えもありますが、管理人は実践できませんでした。


パイロットのみを狙うと照準がブレますし、それより翼を破壊した方が楽だと思います。

もちろん、パイロットのみを狙い撃てるならそれに越したことはありません。



ちなみに「わざと上からぶつかって墜落させる」なんて荒業も可能です。


管理人もぶっちゃけこのやり方をメインにしてます。機銃で倒すのは時間が掛かりますからね。怒られそうなのであまり大きな声じゃ言えませんが……。


自爆みたいなやり方ですが、こちらは緊急修理を持っているので運が良ければ立て直すことも可能です。